英語教育を早く始める理由

こどもの習い事の中でも人気があるのは英会話です。
英語は将来役に立つものなので、マスターしておいて損はない勉強といえます。
親御さんは将来のためにこどもに英語をマスターしてほしいと願い、レッスンに高い関心を持つことが多いようです。
世の中のスクールや英語教材を見てみますとたくさんの種類があり、中にはお母さんがマタニティから、または乳児からといった早い時期からのコースも見かけます。
このように早い時期からの勉強は必要があるのでしょうか?
胎児の場合、出産予定日の1か月前程度には外部からの音を聴く能力は発達していますので、お母さんの声やお母さんが聴いている音というのは胎児も聞いていることが多いのです。
また、おなかの中で聞いていた音というのは生まれてからも記憶に残っているのでお母さんが聴いていた英語は生まれた赤ちゃんにとってなじみのある音声となり英会話に親しみやすくなるとされています。
乳児、幼児期のこどもは脳や耳の機能が発達する時期で、この時期を逃さずにネガティブな英語の発音を聞かせて慣らせると、大人になってから英語の発音を学習するよりも覚える効率が高いとされています。
英語の発音に限らずこの時期には多くの事を体験してどんどん覚えていく時期ですから、色々な事を経験させて成長させてあげたいものですね。
小さい子どもが通うスクールの場合は、学生や社会人が通うスクールとは異なり、勉強というよりも英語に親しむためのゲームやお遊戯といった雰囲気のレッスンになります。
英語は楽しいもの、苦手なものではないということを感じながら英語の発音や単語も覚えていきます。
楽しみながら勉強できるのでこども達も喜んでスクールに通う事でしょう。
小学校の高学年になると外国語学習の授業が始まります。
英語を主に外国語のコミュニケーションの取り方や外国の文化に慣れ親しむ授業になります。
これからは日本人も英語のコミュニケーション能力が求められる時代になってきますので、子どものころから英語や外国人に抵抗を持たずに慣れておくことは大切といえます。
スクールでは学年や学習レベルに合わせてクラスが設定されているので、実践的な子どもの英会話を学んでいくことができます。
こどもの頃に覚えた英語の発音は身に付きやすいので忘れることがないかといえば、一概にそうとは言えません。
長い間、英語を使わないとせっかく覚えても忘れてしまうことがあります。
ですから英語というのは継続的に使っていくことがのぞましいです。
Copyright (C)2018どんな風に身につけるの?本当に使える英会話.All rights reserved.